日本への個人旅行をよりラグジュアリーに… 日本の上質なお宿のみを厳選。ss


出国の手続き流れ

搭乗手続き

(1)搭乗手続き

空港では各航空会社によって、チェックインカウンターが分かれています。空港に行く前に必ず確認して下さい。空港に着いたら、出発ロビーまで行き、まずはチェックインをします。自分の搭乗便とフライトナンバーを確認してください。確認後、チェックインカウンターにて荷物の安全チェック・搭乗券の受け取りなどを行います。チェックインには、パスポートと航空チケットの提示が必要です。機内持ち込み手荷物以外の荷物を預け、代わりに手荷物引換証を受け取ります。 飛行機の預け荷物の重量は、一人20キロまでです。(但し、航空会社の特別優待などの待遇があり、5キロまでの重量オーバーについては、超過料金の徴収が免除されることがあります。)
※国際線利用の場合は出発の2時間前までに空港に入っておきましょう。
※日本国内線を利用する場合には、30分前までに空港に入っておくことをおすすめします。


セキュリティチェック

(2)セキュリティチェック

航空会社のカウンターでチェックインが終わったら、次は旅客の安全の為に手荷物と人身の安全検査があります。検査員にパスポートと搭乗券を提示し、手荷物と身に着けている金属製品を指定の容器に入れ、検査機械に通します。旅客は安全検査ゲートを通ります。安全ゲートをくぐるとき、ゲートに引っ掛かると、全身のポケットなどを検査員に調べられます。

(3)税関手続き

時計やネックレスなどの外国製品、100万円相当額を超える現金などをお持ちの場合は、税関カウンターで所定の手続きを行って下さい。規定額を超える現金等をお持ちの方は、税関への届出が必要です。 手持ちの免税品と免税店が発行する免税レシートを税関で提出し、手続きをして下さい。但し、一般の旅行客はこの手続きが免除されます。

(4)出国審査

飛行機に乗る前の最後の手続きが、出国手続きです。手続きの前に、出国カードを記入し、パスポート、搭乗券と合わせて入国管理局の管理官に提示してください。確認が終わり、スタンプが押されたら出国手続きは終了です。混み具合により出国手続きに時間がかかることがありますので、万が一のことを考えて時間には余裕を持って各種手続きをしてください。

目的ゲートへ

(5)目的ゲートへ

搭乗券で搭乗時刻と搭乗ゲートナンバーを確認して下さい。出発時刻の30分前には搭乗が開始しますので、時間に余裕を持って搭乗ゲートにお越し下さい。


~搭乗時間までの過ごし方~

出国手続き後は、搭乗までの時間をゆっくり過ごしてください。搭乗区域内にある免税店等でショッピングやお食事をお楽しみください。但し、飛行機搭乗時刻は常にチェックしておいて下さい。念には念を押して、搭乗ゲートの番号を確認しておいてください。成田空港をご利用の場合は、空港内は大変広く搭乗ゲートも多いので注意が必要です。中でも成田空港の第2ターミナルの搭乗口へは電車に乗らなければ到着できません。電車は約2分おきの間隔で発車しており、運行時間は約2分ですので、時間には充分気をつけて下さい。

(6)搭乗

搭乗ゲートでは、航空会社の係員の案内に従って、搭乗券の確認を受けてから搭乗します。


ページトップへ