日本の温泉をご案内 – 草津温泉。日本の旅行、温泉旅館、ホテルの予約は宿.comss

  • 地図表示に戻る

草津温泉

草津温泉 ( くさつ おんせん )

『お医者様でも 草津の湯でも 恋の病は(コリャ)治りゃせぬよ(チョイナチョイナ)』
日本ではこの唄を知らない人がいないほどの有名温泉地です。名前の由来は大般若経に「南方有名是草津湯」という一条から出たとする説と草津の湯から発する硫化水素の匂いから「くさうづ」と呼ばれ、年々移り変って「くさつ」となったとする説があります。いずれにせよ日本を代表する歴史有る温泉地です。
草津温泉には一般入浴施設と温泉旅館、飯店、土産店、飲食店があります。


温泉情報

●所在地
日本群馬県吾妻郡草津町草津
●泉質
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型) (酸性低張性高温泉)
●泉温
50~96℃
●効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節の強張り、打ち身、挫き、慢性消化器病、
痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、動脈硬化症、切り傷、火傷、
虚弱児童、慢性婦人病などといわれています。
●宿泊施設
飲食店、旅館、民宿101件、ビジネスホテル1件、ペンション31件、ユースホステル1件
●観光地
湯田、熱湯、白根山、草津町温泉資料館、光泉寺、草津熱帯園等
●問い合わせ
草津温泉観光協会    電話 0279-88-0800
草津温泉旅館協同組合 電話 0279-88-3722(9:00~17:00)
●交通
  • 【公共交通機関をご利用の場合】
  • ●東京から
  • 東京駅(上越新幹線Max朝日で52分/谷川で57分)→高崎駅(JR特急草津で1時間20分)→長野原草津口駅(草津温泉方面のバスで30分)→草津温泉
  • 東京駅(長野新幹線で1時間10分)→軽井沢駅(草津温泉へ行き草軽バス或西武原バスで1時間18~55分)→草津温泉
  • 上野駅(JR新特急草津で2時間28分)→長野原草津口駅(草津温泉JRバスで25分)→草津温泉
  • ●大阪から
  • 新大阪駅(東海道新幹線のぞみで2時間33分/ひかりで3時間)→東京駅(上越新幹線で52分/谷川で57分)→高崎駅(JR新特急草津で1時間20分)→長野原草津口駅(草津温泉バスで30分)→草津温泉
  • 新大阪駅(東海道新幹線のぞみで2時間33分/ひかりで3時間)→東京駅(長野新幹線で1時間10分)→軽井沢駅(草津温泉行き草軽バス/西武高原バスで1時間18~55分)→草津温泉

  • 【お車でお越しの場合】
  • ●東京方面から
  • 東京練馬IC→(開越高速公路70分 103km)→澀川伊香保IC→(出高速公路進入国道R353/R14550kmで40分)→長野原(大津)→(進入国道R292 10kmで10分)→草津温泉
草津温泉

ページトップへ