日本の温泉とは?日本の旅行、温泉旅館、ホテルの予約は宿.comss

温泉の成り立ち

温泉の成り立ち

温泉には地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるものがあり、どちらも(たとえ造成温泉でも)、温泉法に合致すれば温泉になります。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられ、非火山性温泉はさらに、地下深くなるほど温度が高くなる地温勾配によって高温となったいわゆる深層熱水と、熱源不明のものに分けられます。また特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉に存在します。

火山性温泉は当然ながら火山の近くにあり、火山ガス起源の成分を含んでいて、深層熱水は平野や盆地の地下深部にありボーリングによって取り出されることが多く、海水起源の塩分や有機物を含むことがあります。非火山性温泉の中には通常の地温勾配では説明できない高温のものがあり(有馬温泉・湯の峰温泉・松之山温泉など)、その熱や成分の起源についていくつかの説が提案されていますが、いずれも仮説の段階となっています。

日本の温泉

日本は火山が多いために火山性の温泉が多く、温泉地にまつわる伝説、神話も非常に多くあります。また、古くに発見された温泉ではその利用の歴史もかなり古くから文献に残されています。


日本の温泉

文献としては日本書紀、続日本紀、万葉集、拾遺集などに禊の神事や天皇の温泉行幸などで使用されたとして玉造温泉、有馬温泉、道後温泉、白浜温泉、秋保温泉などの名が残されています。
平安時代の延喜式神名帳には、温泉の神を祀る温泉神社等の社名が数社記載されています。
江戸時代になると貝原益軒、後藤艮山、宇田川榕庵らにより温泉療法に関する著書や温泉図鑑といった案内図が刊行されるなどして、温泉は一般庶民にも親しまれるようになりました。この時代は一般庶民が入浴する雑湯と幕吏、代官、藩主が入浴する殿様湯、かぎ湯が区別され、それぞれ「町人湯」「さむらい湯」などと呼ばれていました。各藩では湯役所を作り、湯奉行、湯別当などを置き、湯税を司っていました。
一般庶民の風習としては正月の湯、寒湯治、花湯治、秋湯治など季節湯治を主とし、比較的決まった温泉地に毎年赴き、疲労回復と健康促進を図っていました。また、現代も残る「湯治風俗」が生まれたのも江戸時代で、砂湯、打たせ湯、蒸し湯、合せ湯など、いずれもそれぞれの温泉の特性を生かした湯治風俗が生まれました。
明治時代になると温泉の科学的研究も次第に盛んになり、昭和以降は温泉医学及び分析化学の進歩によって温泉のもつ医療効果が実証され、温泉の利用者も広範囲に渡りました。歴史的に温泉が湧き出る地域に人々が滞在する「宿(旅館)」が出来たことは自然の流れといえます。


ページトップへ