日本のバス – 宿.com 日本全国の温泉旅館、ホテルの予約サイトss

現在は列車の通っていない場所や、鉄道~空港間などを結ぶ補助的な役割を果たしています。高速バスなどは都市間の長距離移動にも利用されています。

地域内路線バス

地域内路線バス

都市内や鉄道駅と郊外などを結ぶ、走行距離の短い路線バスで、観光には電車とならんで重要な足となります。また一般的には停留所も多く、安上がりとなる反面、地方へ行くと便数も激減するので注意が必要です。旅先では、行きの乗車時間だけではなく、帰りの乗車時間もチェックしておきましょう。 基本的にすべての停留所に停車します。料金の支払に関しては、均一料金制の場合は、通常乗車時に運賃を支払い、降車場所に応じて料金が上がる場合は、通常降車時に運賃を支払います。

乗車中は、その土地ならではのさまざまな風景を楽しむことができます。路線バスは電車と違い、街中を走っており、観光地のすぐ側までアクセスできるため、電車よりもさらに間近に日本を感じることができます。

路線バスの乗車方法

路線バスの乗車方法

●バスに乗車する

バスに乗車する場合、目的地付近に行くバス路線のバス停でバスを待ちます。バスの車体前方や側面には、路線番号と終点のバス停名や、主要なルートが表示されているので、乗車前に必ず確認するようにしましょう。一般的には、前側から乗車し、後ろ側から下車するタイプが多いです。しかしバスによっては、後ろ側から乗車し、前側から下車するタイプもあります。

●運賃を支払う

日本のバスは、会社によって前払いと後払いがあるので、注意が必要です。一般的に日本の路線バスでは、切符購入の必要はなく、バスによって乗車前か乗車後に、運転席のすぐ側にある運賃箱に、直接運賃を入れます。もし小銭が無い場合は、車内で1,000円札の両替ができます。1,000円札を自動両替機に入れると、自動で両替された小銭が出てくるので、そこから必要な分だけを運賃箱に入れます。バスによって運賃箱の様子なども異なるため、乗車後に慌てないためにもできるだけ前もって小銭を準備しておきましょう。

●乗車運賃について

乗車運賃は、乗車距離に関わらず一定金額の場合と、区間毎に金額が変わる場合があります。通常、一定金額の場合は切符がなく、区間毎の場合、整理券を乗車時に取ることがあります。そこに書かれた区間の番号を、バスの前方にある電光掲示板に表示された運賃と照らし合わせ、金額を確認します。地域によってはフリーパスも販売していますので、利用すると非常に便利です。

●降車方法

日本ではどのバスにも、到着バス停名の車内アナウンスがあります。目的のバス停名が聞こえたら、下車したい乗客は車内の両端にある”停車お知らせボタン”を押します。押されなければバスは停まりませんので注意が必要です。ボタンが押されるとランプが点灯し、「次停車します」というアナウンスが車内に流れます。運転手がそのバス停に停車してくれますが、もし他の乗客が先にボタンを押した場合は、再度押す必要はありません。 日本語が聞き取れない方は、車内前方にある電光掲示板で現在のバス停を確認し、乗り過ごす事がないように注意して下さい。降車は、乗車時に乗った扉と異なる扉になることが多いので、先に降りる人を見て確認しておきましょう。また、降車時に運賃を支払う場合には、できるだけ前もって小銭を用意しておき、降車時に慌てて、他の人の迷惑にならないようにしましょう。両替が必要な場合は、目的のバス停に到着する前に両替を済ませておきましょう。

観光地直行バス

観光地直行バス

観光バスは観光を主な目的としたバスのことで、主に団体での貸切運行を行います。定期観光バスは大都市や観光地をバス事業者が設定したコースで巡る、バス旅行です。バスターミナルをはじめ空港やターミナル駅、ホテルなどを始発点に3~8時間程度の日帰りコースが組まれおり、簡単に利用できます。中にはバスガイドによるガイドつきのコースもあり、車内サービスや観光案内、現地でのガイドなども行ってくれます。


高速バス

高速バスは、数10~数100キロの距離のある都市間や、または都市と観光地を、高速道路を利用して移動するバスのことです。高速バスは、全国に路線が網羅しているのでほとんど乗り換えすることなく目的地に到着出来ます。価格も比較的安く、夜行バスなどは夜間に移動し、翌早朝には目的地に到着します。 ただし、日曜・休日には各地で渋滞の恐れがあります、余裕を持って乗車されることをお薦めします。また長時間身動きが取れないというデメリットもあります。

高速バス

ページトップへ